オリジナリティーあふれる開発力と高度な技術力で社会を創造

製品ラインナップ

AFFシリーズ

ファイマテックの炭酸カルシウム製品「AFF(Advanced Functional Filler)」は、湿式粉砕した超微粒子の炭酸カルシウムスラリーに表面処理を施した機能性フィラーです。特殊カチオンポリマーを湿式法で表面処理することで均一に表面改質ができ、カチオンポリマーの樹脂への分散性を高めます。

AFFは様々な表面処理設計が可能で、脂肪酸処理品「AFF-HS」、帯電防止剤表面処理品「AFF-Z」、結晶核剤表面処理品「AFF-ω」、ペイント用顔料スラリー「AFF-TS」をラインナップしております。また特殊分級により粗粒分をカットしたフィルムグレードも有しております。

AFFシリーズ

AFF-HS

AFF-HSは微粒子炭酸カルシウムを特殊カチオンポリマーで表面処理し、さらに12-ヒドロキシステアリン酸で2次表面処理した機能性フィラーです。
改質剤の減量、あるいは無配合でも、引張強度、衝撃強度が向上します。

特徴

  1. PVC、オレフィンに対する優れた改質効果。
  2. 成形物表面の改善。
  3. 押し出し成型時の目ヤニ低減。
AFFの粒度分布
AFF-HSの粒度分布
クリックで拡大
AFF-HSの粒度分布
AFFの粒度分布

粉体特性

外観 白色微粉末
表面処理剤 1)特殊カチオンポリマー
2)12-ヒドロキシステアリン酸
平均粒子径 μm 1.0
BET比表面積 m2/g 5.7
水分 0.15>
かさ密度 g/cm2 0.53

*物性値は代表値です。

AFF-Z

AFF-Zは微粒子炭酸カルシウムを特殊カチオンポリマーで表面処理し、さらに帯電防止剤で2次表面処理した機能性フィラーです。

特徴

  1. 特殊カチオンポリマー
    • 炭酸カルシウムとの結合力強化。
    • アミノ基(-NH2+)でカチオン性を発現。
    • アミノ基を活用した2次表面処理。
  2. 帯電防止剤
    • アミノ基との親和性良好な帯電防止剤。
    • ブリードアウトが少なく、長期間帯電防止効果を持続。
  3. AFF-Z
    • 微粒子(平均粒子径1.0μm)。
    • 粒度分布がシャープ。
    • 微粒子+粒度分布シャープ → 通電回路の断線少ない。

粉体特性

外観 白色微粉末
表面処理剤 1)特殊カチオンポリマー
2)帯電防止剤
平均粒子径 μm 1.0
BET比表面積 m2/g 5.4
水分 0.15>
かさ密度 g/cm2 0.68

*物性値は代表値です。

AFF-Zの粒度分布
AFF-Zの粒度分布
AFF-Zの粒度分布
AFF-Zの粒度分布
クリックで拡大
AFF-Zと一般品の抵抗値の比較
AFF-Zと一般品の抵抗値の比較 (BPP / CaCO3 = 50 / 50の固有抵抗率)
AFF-Zと一般品の抵抗値の比較

○AFF-Z:AFF-95に帯電防止剤を表面に処理。
●一般品+帯電防止剤:未処理炭酸カルシウムに同じ帯電防止剤を表面処理。

AFF-Zと一般品の抵抗値の比較
クリックで拡大

AFF-ω(オメガ)

AFF-ωは微粒子炭酸カルシウムを特殊カチオンポリマーで表面処理し、さらに樹脂の改質剤で2次表面処理した機能性フィラーです。
AFF-ωは、「改質剤の微粒化」、「分散性改善」、「コストダウン」に寄与します。

特徴

  1. PPに対して少量添加で効果を発揮。
  2. IZODを低下させない。耐衝撃性の向上。(図1参照)
  3. 剛性の向上。
    (改質剤単体より低下するが、複合材料全体としては向上)
  4. コストダウンへの寄与。
    (耐衝撃性向上による既存エラストマー配合量低減)

メカニズム

結晶性ポリマーであるPPは、結晶状態によって機械的物性への影響が違ってきます。

結晶成長(大) 剛性(up) 耐衝撃性(down)
微結晶化(多) 剛性(down) 耐衝撃性(up)

PP混練時のマトリックス中への分散に関して、一般の改質剤と比較してAFF-ωは以下の様なメカニズムが発生しているため、図1の様な結果が得られていると考えられます。

  1. AFF-ωはその組成上、炭酸カルシウムフィラーであるため、PP混練時の剪断力により良好に分散する。
  2. 微粒子が良好に分散している為にPPマトリックス中で微結晶体が多数生成する。
    →耐衝撃性の格段の向上
  3. 特殊カチオンポリマーのアミノ基(-NH2+)と改質剤の極性部が強固に化学結合している為、機能的に安定する。
  4. 改質作用にはその表面性及び粒子径(比表面積)も大きく影響する。
    AFF-ωはD50=約1.0μm(図2参照)
図1. AFF-ωと改質剤の弾性率とIZODの関係
図1. AFF-ωと改質剤の弾性率とIZODの関係
AFF-ωと改質剤の弾性率とIZODの関係
図1. AFF-ωと改質剤の弾性率とIZODの関係
クリックで拡大
図2. AFF-ωの粒度分布(レーザー回折・散乱法)
図2. AFF-ωの粒度分布(レーザー回折・散乱法)
図2. AFF-ωの粒度分布(レーザー回折・散乱法)
図2. AFF-ωの粒度分布(レーザー回折・散乱法)
クリックで拡大

AFF-TS 高隠蔽性 炭酸カルシウムスラリー

「AFF-TS」は、独自に開発した湿式粉砕機により超微粒子化したペイント用顔料スラリーです。
さらに、高純度、高白色度の原鉱石を厳選し、安定した品質を維持しています。

特徴

  • 均一な粒度分布
  • 分散安定性
  • 粒径コントロール
  • 高濃度
  • 良好な流動性
原材料・製造時のコストダウン
をご提案します
  • 二酸化チタンの代替
  • 光沢のコントロール
  • 分散剤の添加量削減
  • 工程の省力化
  • 優れたハンドリング性
品名 AFF-TS1200 AFF-TS800
成分 重質炭酸カルシウム
外観 白色スラリー(水系)
白色度(%) 93 93
濃度(%) 75 75
粘度(mPa・s) <500 <500
平均粒子径(μm) 1.2 0.8

※上記は代表値であり、保証値ではありません。
※平均粒子径はマイクロトラックD50の測定値。
※粘度はB型粘度計60rpmの測定値。

隠蔽率(%)膜厚100μm (wet) ※フラット塗料配合
隠蔽率(%)膜厚100μm (wet)
※フラット塗料配合
隠蔽率(%)膜厚100μm (wet) ※フラット塗料配合
隠蔽率(%)膜厚100μm (wet)
※フラット塗料配合
クリックで拡大
隠蔽率(%)膜厚150μm (wet) ※フラット塗料配合
隠蔽率(%)膜厚150μm (wet)
※フラット塗料配合
隠蔽率(%)膜厚150μm (wet) ※フラット塗料配合
隠蔽率(%)膜厚150μm (wet)
※フラット塗料配合
クリックで拡大

関連情報