オリジナリティーあふれる開発力と高度な技術力で社会を創造

採用情報

社員の声

当社で働く社員が普段どんな仕事をしているのかお答えします。入社後早いうちから様々な仕事を経験し、今ではみな最前線で活躍しています。

社員の声1

Sさん 開発グループ所属

Sさん 開発グループ所属

Sさんのプロフィール

開発グループ所属
2011年入社

入社してから研究開発職ひと筋。大学・大学院時代に学んだ知識と持ち前の探求心で新製品の開発に携わる。その穏やかな性格で研究室の雰囲気を自然と和ませている。

国内外の様々な鉱産物に秘められた、
未知なる可能性を探求する、
研究開発の仕事とは?

どのような研究をしているのですか?

私たち開発部門が行っている研究は、まず鉱産物の特性をつかんで、それを生かすことを考えます。そのうえで、鉱産物に新たな効果を付加することを考え、実験によって特性の保持や加工の効果を証明するのです。
例えば、ある鉱産物が≪熱を加えると分解し、水が発生する≫という特性を持っているとすると、私たちは『その鉱産物を樹脂に混ぜることにより、万が一火がついても燃えにくくすることに生かせないか』と考えます。そこで、樹脂に混ぜることが可能で、その鉱産物の特性を殺さないような加工方法を検討し、実際に樹脂に混ぜて実験することで効果を確認し、その先の製品化を目指します。

職場の雰囲気を教えてください

部署内ではいろいろなことを話しています。内容は実験の方向性の相談などはもちろん、趣味や娯楽の話までさまざまです。先輩方もみな穏やかで研究室内は和気あいあいとしているので、日ごろからどんなことでも話しやすい環境だと思っています。
また、まわりのメンバーもみな仕事の時間とプライベートの時間をきっちり分けているので、1日の仕事が終われば自由な時間を持つことができます。私の場合は仕事帰りに瀬戸内海沿岸をクルマで走り、気に入った夕暮れの風景を写真に収めることが最近の楽しみのひとつです。

社員の声2

Nさん 生産技術チーム所属

Nさん 生産技術チーム所属

Nさんのプロフィール

生産技術チーム所属
2018年入社

入社後は生産技術チームに配属され、専門知識はほぼゼロからのスタートながらも今ではチーム内で重要な仕事を任されている。まわりの社員は全員クルマ通勤の中、真夏でも真冬でも会社へは自転車で通っている。

コスト管理を行いながら、
高品質な製品の安定供給を実現する、
生産技術の仕事とは?

生産技術ってどんなことをする仕事ですか?

生産技術職の仕事内容はまさに「製造に関する事全般」です。求められる品質をクリアした製品をどれだけコストを抑えて作ることができるか、データを確認して実際に現場で検証をしながら業務を行います。
私はまだ入社4年目ですが製造管理、新製品の製造、測定機器の更新や製造設備の導入など幅広い仕事に携わることができ、他の会社では若手にはなかなか任せてもらえないような仕事を通して貴重な経験ができていると感じています。自分の日々の仕事が製品の製造に直結している為、責任は重いですがその分やりがいもたくさん感じています。

最初から専門的な知識は必要ですか?

生産技術の業務は多岐にわたるので様々な分野の知識が必要です。自社製品の製造に関する知識やスキルはもちろん、製造設備を扱うため、機械に関する知識や、機械を動かす電気に関する知識なども必要になります。
私も入社当初は経験・知識ともにゼロの状態からのスタートだった為、上司や先輩に教えて頂きながら日々業務を行っています。したがって皆さんも最初から専門的な知識を持っていなくても大丈夫です。勉強をしながら業務を行うのは大変ですが、常に新しい知識に触れることができるため、楽しみながら仕事をしています。

リクナビ2023掲載ページはこちら

エントリーはこちら リクナビ ファイマテックページ